二男の妊娠・お産は大変苦労しました。長男の時によって智恵と過去もあり最初は呑気に構えていましたが、長男の時は持ち家が違っていた結果、公園で知り合った母体友に産婦人科の伝言を得て産院を選びました。
産院自体は住まいからいまいち遠くなく施設や機材も割と新しく先生や部下の方達の気分も良かったのですが、2~3回伺ううちに長男の時にはなかったウエイト増量においていわれ、2周囲なのでお産までのウエイト増量は6隔たりぐらいまで…とレクチャーがあり、メニュー音量を控えるようになりました。その影響で便秘が凄く力まないと便通できなくなり、その為早産・流産しかけ、お産前に2回入院をしました。新年をはさんです年末年始を医者で迎えた悲しさ・それまで経験のない導尿やベッドときの便通辺り、こんな悲しいマタニティライフがあるのか…と思ったものです。また退院後は始終腹がはり易いので安静に、とのことでファミリーも最小限で探訪もあまりできず、長男にはさびしい狙いをさせたし自分自身の葛藤も増えていきました。長男の時に2ヶ月なかば続いたつわりは二男の時はひどさはそこまでいかなかったも、お産間際まで続いた記憶があります。それもウエイトを足しすぎてはいけない、という心的負担からだったかもしれません。
ウエイト増量を抑えた結果、二男が小柄だったこともあり確かにお産時は便利でした。ただしその日私の後には2人のお産が控えていて、産後の施術が終わった先から時点を使い自室へやにわに移動させられました。またいつまでも出血がおさまらず、原則胎盤が残っていた(確かですが)とのことで夕暮れもうお産室でそのケアが行われました。ただしこれがお産異常に痛みがすごく大変きつかっただ。
あんな大変な思いをしても先更にお産を経験してあり、至ってキッズは財宝だ。