料理と小気味よいアクション。
基本的な事です。
旦那の病を機に、料理の保全って散策を心がけるようになりました。
それまでは、好きな物を食べ、料理の内容など決して気にしていませんでしたが、健康診査で若い頃は何でもなかった事が、いろんなところで集計として浮き出るようになった。
そんな折、旦那が狭心症で執刀をする点になりました。
退院前に栄養士氏からの料理の批判をされ、今まで何も考えずに食事をしていたなと自省。
口にしたもので自分の体の細胞は出来ているという、又もや感じました。
腸内環境をよくするために、毎朝バナナヨーグルトを食べ、野菜飲料を飲み込む。
これは通常どうしても。
薄味の副食を少しずつ。
食事は、小気味よく持ち切り。
おかわりはしない。学生時代の先輩がおすすめしてくれたサプリメントです。
http://www.blackaxisrec.co.uk
先輩はスポーツジムでトレーナーをしています。
一番はカロリー外套に気をつける点。
若い頃とは違い、交代が悪くなる事も実感し、料理の立て直しは大切という体感。
カロリーが増えれば、必然って塩気も脂肪も増えるわけで。
カロリーを抑えたうえで、塩気少なめ、それを続けていくうちに、身体が軽くなり、実情も良くなったと思います。
そうして小気味よいアクション。
学生時代と違って、社会人になるとかなりアクションは出来ず、今ではツライアクションは途切れる。
それで散策で満点。
最も何事も持続するは難しい点なので、考え方などは決めない点にしました。
自分に無理なく、続けられるものが一番耐久行なう。
料理や軽々しいアクションを続けて健康診査をすると、少しずつですがナンバーは下がっていく。
それを見るのが楽しみで、すぐに血診察をしたくなります。
そうやって意識する事が一番の健康への気づかいだ。