筋トレを行う要因は人によって様々ありますが、アクション不器用であったボクにとりまして筋トレは、初めは危惧以外の何物でもありませんでした。

そんなボクが筋トレを一生懸命に決めると思ったのはキャンパス時代にダンスを始めたことが足掛かりでした。

アクション不器用のボクはダンスの呑み込みが遅く、体のやり方もあまりわかりませんでした。

自分では動かしていらっしゃる心づもりが動いておらず、止めている心づもりが止まっていないことがほとんどでした。

先輩やかしこい覇者後輩同期に多少なりとも近づくためにはどのようにしたら良いか考えた結果が筋トレを人のダブルは行うことでした。

キャンパスに入学するまで、マーチングバンドに所属していたこともあり毎日1期間の筋トレはしていたのですが、自分の筋肉がつきがたいという自覚はあったのでやつと同じボリュームの筋トレではダメだと感じていました。
すっきりフルーツ青汁を購入する前に知って欲しい口コミ!!
覇者やコーチに異議を通してから、常々腹筋・背筋・腕立て伏せ・肘GET等をダンスのリハ前に鏡の傍で行うようになりました。

鏡の傍です理由は、鏡の傍で行動をチェックしながら筋トレを行うことによって怪我を防ぐ為です。

また、行動をキープすることによって規則正しい場所に筋肉をつける結果でもありました。

所属していたダンス部類では夏になると歌唱が広場で得ることが慣習の席であった結果、コンセプトもでき、決断を吊り上げることが出来ました。

その価値もあってかウエイト自体は3か月で8キロ落ち、ダンスの演目も主軸(中心で踊れることはヤバイ栄誉なことなのです)をいただきました。

このことは筋トレという活動を自分ですることによって潤いを行うことが出来るという貴重な蓄積となりました。

そしたらは、少々自分に気合が入っていないと感じた時折筋トレを通じていらっしゃる。

今後もダンス以外のポイントで独力と向き合う機会も多いと思いますが一案として筋トレを取り入れていきたいとしていらっしゃる。