ぼくが葉酸を呑み始めたのは妊活事でした。
今まで、葉酸があることが分からなくてどうして、ぼくは受胎できないんだろうといった悩んでた瞬間がありまして、
食事生涯生涯も気をつけたのに夫人体温計をはかっても36たびで熱期は無縁でした。元々、冷え性だったのが要因だったのかもしれません。
その事態に気がついて葉酸の事をしりました。
普段の食べ物が壊れ気味だったぼくは葉酸を呑み続けてしばらくして身体がぽかぽかしてきたような気がして午前、置きてたえず低体温だったのに
熱期が終始続き、もしかしてと思い、薬局いって診察薬を買いしらべたら、妊娠してました。
ひどくうれしかったですね。
葉酸には料理したら、情熱や水に軽く壊れやすいし、吸収百分率が小さいのが弱みな結果、栄養剤で賄うのが特別だと思うのです。
マタニティライフも、葉酸が豊富なほうれん草、枝豆もとっていました。
葉酸が不足すると、胎児の癇管閉鎖障りなどのリスクもあるみたいです。他にも動脈硬直の感じ、妊婦によくある貧血(悪性貧血)
癇障りがあるみたいです。
ボク、高齢お産なので、ダラダラ心掛けなくてはいけない事が沢山あり、
一際、マタニティライフの中で30ウィーク目線の時に診察で、貧血という診療された事がありまして、積極的に葉酸を呑み続けた。
現在思うと、妊活時世から息子の乳房瞬間まで葉酸を呑み続けていてよかったと思います。
おかげで息子もカップル授かる事ができ、息子もセキュリティー、健康にお産でき、健康で幸せに暮らしていらっしゃる。